患者数も増大している危険なうつ病|検査によって簡単に調べられる

ウーマン

薬で症状を緩和する

男性

問診や検査によってうつ病だということが診断された場合、治療法として2つの方法を行ないます。投薬による薬物療法と、認知行動療法の2つです。薬物療法では、うつ病の症状を引き起こす脳内物質の不足を補う治療法です。薬を服用することで、脳内のさまざまな物質を受け取る受容体を活性化させることができます。分泌された脳内物質の再吸収を防ぐことで、脳内物質の作用を高めることができるのです。うつ病に罹っている人の脳では、セロトニンなどの脳内物質の分泌量は少ないものです。分泌された物質も受容体へと結びつかず、受容体が取りこぼした物質も再吸収作用によってすぐに分解されてしまうため、脳の機能性が著しく下がってしまいます。しかし、うつ病の症状を改善する治療薬は、この再吸収作用を阻害することができます。つまり、受容体に結びつかなかった脳内物質を再び結びつくよう、リサイクルさせることができる薬なのです。服用することで、うつ病特有の倦怠感や意欲低下、強いネガティブ思考を緩和させることができるでしょう。

注意するべきなのは、うつ病治療に用いられる薬はあくまで症状を緩和させるために処方されるものだということです。風邪薬のように、指定された薬だけを飲み続ければ治るというわけではないので、薬だけを飲めばうつ病が治るわけではありません。よく世間でも誤解されているのが、うつ病の薬を飲み続けることで逆に症状が悪化するといったことです。うつ病の薬は服用することで一時的に不安感などを解消できます。そのため、患者さんの多くは不安から逃れるため、医師から教えられた用法用量を守れず、毎日大量に服用してしまいます。量が増えれば体に与えられる負担も大きくなり、症状の悪化を招くことがあります。傍から見ると薬物の依存によって体を壊しているように見えるため、うつ病の薬がかえって症状を悪くするといった意見が流布されるのです。しかし、用法用量さえ守ればこうした問題が起こることはありません。しっかりと医師とカウンセリングを行ない、自制しながら治療カリキュラムをこなすことで、うつ病の治療を行なうことができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加