患者数も増大している危険なうつ病|検査によって簡単に調べられる

あなたの心は健康ですか?

現代病の一つ

頭を抱える人

もはや現代病の一つとして数えられている病といえば、うつ病が挙げられます。このうつ病は、罹患すると極端な意欲低下と睡眠障害、胃腸障害などを引き起こす病です。気分障害とも呼ばれるため、多くの人は気をしっかり持ち、気合を入れればうつにはならないと考えます。しかし、このうつ病は単に考え方がネガティブ思考になるものというわけではありません。いくら否定しても湧き上がる抑うつ症状や倦怠感、焦燥感にかられるため、単純に考え方を改めれば治るというわけではないのです。日頃の肉体的、精神的な疲労によって疲れを感じている人はいますが、うつ病による症状はそういった普段感じる負担とは次元が異なるものです。重度のうつになると、強烈な倦怠感によってベッドから一歩も動けなくなります。また、理由のない焦燥感や苛立ちにより、自分を支える家族や恋人に攻撃的な態度をとることもあります。意欲の減退と集中力の減退により、まともに仕事や学業を行なえなくなり、最悪の場合唐突な自殺願望に囚われて、自ら命を絶ってしまう人も少なくないのです。このうつ病は自分一人で治すことは難しい病です。怪我や病気は時間を置けば治りますが、精神的な問題は時間を置いても治癒することはほとんどないからです。治療を行なう場合、専門の心療内科へ通院することで、着実に治すことができるでしょう。

最近ではストレスチェック制度が義務化されたため、会社で自分のストレスの度合いなどを知ることができます。多くの人は、ストレスは自分で自覚できると考えますが、それはほぼ間違いといえます。慢性化したストレスは、感覚が麻痺してしまうため自分で自覚することが難しくなります。休日にストレスを発散したと感じても、実際にはストレスの総量はほとんど変わらず、重いストレスによってある日突然心身に異常が現れてしまうこともあるのです。ストレスチェックなどの結果、担当医から注意を受けたという人であれば、いつうつ病を発症してもおかしくない状態といえます。本格的なうつ病になる前に、心療内科などに通いうつ対策を行なっておきましょう。

新型うつの問題

医師たち

最近問題視されているのが、新型うつと呼ばれる症状です。学校や仕事の時はうつのような症状になり、帰宅する頃にはすっかり治るため、仮病と判断する人も多いのです。しかし、この新型うつは心療内科では適応障害として知られており、放置するとうつ病に発展するた問題となります。

もっと読む

誤診されやすい病

カウンセリング

双極性障害は、うつ病と誤診されやすい病です。治療薬もうつ病とは異なるため、誤診を受けると何年も治療を受けても効果が得られないという場合があります。周りの人からの意見を聞き、包み隠さず医師に伝えることで、正しい診断が得られるでしょう。

もっと読む

正しく診断できる検査方法

ナース

うつ病と新型うつ、双極性障害は、心療内科での検査方法で正しく診断することができます。ストレスの度合いを調べる唾液検査や血液検査の他、脳の活動状態を詳しく調べる光トポグラフィーにより、正しく診断することができるでしょう。

もっと読む

薬で症状を緩和する

男性

うつ病の症状を緩和する治療法として、薬物療法が挙げられます。脳の神経伝達物質が分解されることを防ぐことができるため、うつ病患者の脳機能を回復させ、症状が深刻化することを防ぐことができます。医師の定めた用法用量を守り、正しく使用しましょう。

もっと読む

根治もできる認知行動療法

紙

うつ病の治療方法の一つとして行なわれる認知行動療法は、多くの人が持つ自動思考を改善させる治療法です。間違った自動思考が形成されると、その思考によりさまざまなストレスを与えられます。認知行動療法によって改善すれば、そのストレスの原因を解消することができます。

もっと読む

このエントリーをはてなブックマークに追加